不動産決済はいつからする?時間はどれぐらいかかる?

不動産決済はいつからする?時間はどれぐらいかかる?

Pocket

大阪不動産購入登記手続きPROのページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

不動産を購入し、実際に買主様に名義を移す時には、銀行や不動産会社に売主様、買主様、不動産仲介業者さん、そして我々司法書士が集まり、書類、売買代金の授受をします。

 

それが、決済日す。取引日とも良います。

 

 

決済日はどうやって決める?

決済日は、売主様、買主様がお互いに集まれる日を元に決定します。

 

その上で、不動産仲介業者さんが日程を調整します。

 

売主様、買主様の予定がどうしても合わない場合は、決済日の前に我々司法書士が事前に書類確認、本人確認、意思確認をさせていただきます。

 

決済は何時から始まるの?

やはり多いのは、午前中です。

 

大体、10時若しくは11時から始まることが多いですね。

 

午後から決済をすると、銀行の振込みが間に合わなかったり、書類不備等のトラブルに対応ができないため、どうしても午前中から始めることが多いです。

 

午後からだと13時スタートがギリギリですね。

 

ただし、住宅ローンもなく、現金の決済だと開始時間の制限はありません。

 

決済するのに時間はどれぐらいかかる?

これには様々な要因がからむので、一概には言えませんが、平均1時間はかかると考えておいてください。

 

ですから、午前9時や10時から決済を始めれば、午前中に終わることがほとんどなので、お仕事を休まれる場合は、半休でも可能かと思います。

 

決済時間がかかる要因としては、

 

月末、大安、ごとびが上げられます。

 

特に、月末の大安は決済も多いので、時間がかかることが多いですね。

 

逆に、月初、仏滅は決済が少ないので、決済の時間も短いことが多いです。

(当大阪不動産購入登記手続きPROでは、月初割引仏滅割引をご用意しております。)

 

ただし、決済には、イレギュラーが起こることがあります。

 

決済の時間には余裕を持っておかれたほうがよいでしょう。

 

お子様を連れてこられる方は、何かおもちゃがあった方が良いですね。

 

不動産決済はいつからする?時間はどれぐらいかかる?でした。

 

大阪府、阪神間、京都市、奈良市の不動産購入登記は、大阪不動産購入登記手続きPROへお任せください!