認定低炭素住宅とは?メリットは?

認定低炭素住宅とは?メリットは?

Pocket

大阪不動産購入登記手続きPROのページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本ページでは、「認定低炭素住宅」について記載しております。

 

認定低炭素住宅とは?

東日本大震災を契機に、エネルギー問題、地球温暖化問題に関する意識の高まりを受け、抵炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で活力ある国土づくりを推進する一つの施策として、低炭素化の措置が講じられた建物として認定された建物のことです。

 

「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年9月5日に公布され、平成24年12月4日に施行されました。

 

 

認定低炭素住宅のメリットは?

長期優良住宅同様、各種の税制上のメリットを受けることができます。

 

1.住宅ローン控除

 

 一般の住宅の場合、住宅ローン控除の対象借入限度額は、4,000万円までですが、認定低炭素住宅の場合は、5,000万円までに引き上げられています。最大控除額は、10年間で500万円となります。

 

2.投資型減税

 

一度限りですが、一般の住宅を建築等するよりも費用がかかることから、その費用分を所得税から控除するという減税です。控除対象限度額は、650万円で、最大控除額は、65万円となります。

 

計算方法ですが、床面積×43,800円×10%で控除額を計算します。

 

3.登録免許税の軽減

一般の住宅の場合、自宅を新築した場合、建物の価格に対して、1000分の1.5の登録免許税がかかりますが、認定低炭素住宅の場合は、1000分の1と税率が優遇されています。

 

その他、フラット35の金利優遇も受けることができます。

 

また、長期優良住宅と低炭素住宅のそれぞれについて、両方の認定を受けることも可能です。ですが、どの税制優遇をどちらの制度で受けるかは、選択する必要があります。

 

例えば、所得税の優遇は低炭素住宅で、固定資産税の優遇は長期優良住宅で受けるといった方法です。

 

認定を受けるには?

認定を受けるには下記の要件があります。

 

1,省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量(家電等のエネルギー消費量を除く)が△10%以上となること。

 

2,省エネルギー性に関する基準では考慮されない、以下に掲げる低炭素化に資する措置等のうち、一定以上を講じていること。

 

・HEMSの導入(エネルギー使用量の「見える化」などにより居住者の低炭素化に資する行動を促進する取組を行っている)

・節水対策(節水型機器の採用や雨水の利用など節水に資する取組を行っている)

・木材の利用(木材などの低炭素化に資する材料を利用している)

・ヒートアイランド対策(敷地や屋上、壁面の緑化などヒートアイランド抑制に資する取組を行っている)

 

3,市街化区域等内で建築されていること。

以上のような(細かくはもっとあります)要件がありますが、良くわかりませんよね。

 

ですから、認定低炭素住宅を建てたい、リフォームしたいという方は、ぜひハウスメーカーさん、工務店さんに相談してください。

 

また、認定低炭素住宅に対応できない工務店さんなどもあるかと思いますので、ご注意ください。

 

認定低炭素住宅の登記も大阪不動産購入登記手続きPROにお任せください!