自宅を新築した。建物の登記をお願いしたい!

自宅を新築した。建物の登記をお願いしたい!

Pocket

ご自身がご所有の土地に、建物を新築した場合や、建物を建替えた方の場合の登記のお話しです。

 

建物を新築した場合や、建物を建替えた場合には、建物の表題登記というものを1ヶ月以内に申請する必要があります。これは、法律で決まっており、法律には、「申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは、十万円以下の過料に処する」と規定されています(不動産登記法第164条)。

 

建物の表題登記は、土地家屋調査士さんが行います。当事務所でもご紹介させていただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

そして、その建物の表題登記が完了致しましたら、建物の保存登記というものをします。

それが、我々司法書士の仕事になります。この登記をすることで建物の権利関係をはっきりさせます。

 

では、その場合の当事務所の報酬ですが、

住宅ローン設定有の場合、5万8000円(税別)

住宅ローン設定無の場合、2万8000円(税別)

とさせていただいております。

 

もちろん、この場合も、子育て応援値引き、5000円は適用させていただきますので、

小学生以下のお子様をお持ちの方は、

住宅ローン設定有の場合、5万3000円(税別)

住宅ローン設定無の場合、2万3000円(税別)

となります。

 

お見積もりは、無料で対応させていただきます!どうぞ、お気軽にお問い合わせください!

 

※大阪の建物の登記も、大阪不動産購入登記手続きPROにお任せください!